精神疾患 | KURAGE online

精神疾患 | KURAGE online

「 厚生労働省 」 の情報 

空襲被害補償法の要綱を正式決定

要綱は、空襲によって障害やケロイド、精神疾患が残ったに150万円の一時金を支給すると規定。認定審査会を厚生労働省に置くことも

コロナ対策、働き方改革、標準的電子カルテ導入、オンライン資格確認等システム導入など幅広い ...

日本病院会、全日本病院協会、日本医療法協会、日本精神科病院協会の4団体で構成される「四病院団体協議会」は5月26日、厚生労働省に宛てて、

五月病って何? それって軽度なうつ病かも。セルフチェックで確かめよう #メンタルヘルス入門

精神疾患や発達障害を診断する際の世界的な診断基準となる統計マニュアルのこと。 下のリストは、厚生労働省が発表している「うつ病で見られる

精神科に入院中の患者、6割が転院できず…「精神不安定な人は安静保てない」などと拒否

海外の研究では、精神疾患を持つ患者は新型コロナへの感染や死亡のリスクが高くなると指摘されている。厚生労働省は3月、重症化しやすいとされ

「紙おむつ」の呼び方を変えませんか?

当時は、女性看護師は「看護婦」、男性看護師は「看護士」と呼ばれていた時代でしたが、精神科や手術室などの限られたセクション ... また、2004年には、厚生労働省の検討会が、「痴呆」と呼ばれていた疾患概念を「認知症」へ...

「視覚、聴覚障害者らも優先接種に」 公明・山口代表

優先接種は、65歳以上の高齢者、持病のある、高齢者施設の職員の順に行われる予定。18日には厚生労働省の専門家部会で、新たに重い精神疾患

コロナワクチン接種 重い精神疾患患者らも優先接種に

厚生労働省は新型コロナウイルスワクチン接種について、新たに、重い精神疾患や知的障害のあるを優先接種の対象に加えることを決めました。

新型コロナワクチン 重い精神疾患ある人なども優先接種対象に

新型コロナウイルスワクチンについて、厚生労働省は高齢者に続いて優先接種を受けられる対象に「重い精神疾患」や「知的障害」がある

ワクチン優先接種の対象、精神疾患や知的障害ある人も追加

厚生労働省は、新型コロナウイルスワクチンの優先接種の対象となる基礎疾患を持つの範囲に、重い精神疾患や知的障害があるを加えることを

重い精神疾患や知的障害者、ワクチン優先接種対象に 210万人

厚生労働省は18日、新型コロナウイルスワクチンの接種順位について、重い精神疾患や知的障害があるを、65歳以上の高齢者に続いて接種する

Copyright© 精神疾患 | KURAGE online , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.