精神疾患 | KURAGE online

精神疾患 | KURAGE online

「 厚生労働省 」 の情報 

精神科に入院中の患者、6割が転院できず…「精神不安定な人は安静保てない」などと拒否

海外の研究では、精神疾患を持つ患者は新型コロナへの感染や死亡のリスクが高くなると指摘されている。厚生労働省は3月、重症化しやすいとされ

「紙おむつ」の呼び方を変えませんか?

当時は、女性看護師は「看護婦」、男性看護師は「看護士」と呼ばれていた時代でしたが、精神科や手術室などの限られたセクション ... また、2004年には、厚生労働省の検討会が、「痴呆」と呼ばれていた疾患概念を「認知症」へ...

「視覚、聴覚障害者らも優先接種に」 公明・山口代表

優先接種は、65歳以上の高齢者、持病のある、高齢者施設の職員の順に行われる予定。18日には厚生労働省の専門家部会で、新たに重い精神疾患

コロナワクチン接種 重い精神疾患患者らも優先接種に

厚生労働省は新型コロナウイルスワクチン接種について、新たに、重い精神疾患や知的障害のあるを優先接種の対象に加えることを決めました。

新型コロナワクチン 重い精神疾患ある人なども優先接種対象に

新型コロナウイルスワクチンについて、厚生労働省は高齢者に続いて優先接種を受けられる対象に「重い精神疾患」や「知的障害」がある

ワクチン優先接種の対象、精神疾患や知的障害ある人も追加

厚生労働省は、新型コロナウイルスワクチンの優先接種の対象となる基礎疾患を持つの範囲に、重い精神疾患や知的障害があるを加えることを

重い精神疾患や知的障害者、ワクチン優先接種対象に 210万人

厚生労働省は18日、新型コロナウイルスワクチンの接種順位について、重い精神疾患や知的障害があるを、65歳以上の高齢者に続いて接種する

重い精神疾患も優先接種 コロナワクチン、対象210万人―厚労省

厚生労働省は18日、新型コロナウイルスワクチンを優先接種する対象に、重い精神疾患や知的障害があるを加える方針を明らかにした。海外の

ワクチン優先接種、重い精神疾患と知的障害を対象に

新型コロナウイルスワクチン接種について、厚生労働省の専門家部会は18日、重い精神疾患や知的障害のあるを優先接種の対象に加えることを

精神疾患患者も優先接種へ マスク着用難しく高リスク

新型コロナウイルスワクチンの優先接種をめぐり、厚生労働省が精神疾患の入院患者ら ... 精神科病院の入院患者は令和元年6月時点で約27万

Copyright© 精神疾患 | KURAGE online , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.