精神疾患 | KURAGE online

精神疾患 | KURAGE online

「 周囲 」 の情報 

精神疾患の親を持つ子供たち」 教師は支援のキーパーソン

知れず困難を抱え込みやすい、精神疾患の親を持つ子供たち。大たちの偏見を恐れ、周囲に相談しない子供が多いが、それでも誰かに話を聞いて

精神科医が語る「自己肯定感を高める」ために今すぐ捨てるべき考え方

そうすることで、周囲が求める普通にとらわれることなく、少しは楽に生きられるはずです。 樺沢紫苑(かばさわ・しおん) 精神科医、作家 1965年、

コロナ禍で若者の自殺「前年の倍の月も」 新潟で「リスク」「心身の不調」可視化の試み広がる

思春期は、実はうつ症状統合失調症などの精神疾患の発症のピークで、心の不調を抱えることも珍しくないが、周囲の大にそうした知識がなく、

薬を使わない認知症の治療法

しかし、日本神経学会などが作成した「認知症疾患診療ガイドライン2017」では、非薬物療法は ... プラスの感情を引き出すことによって精神的な安定をもたらし、不安や混乱を抑えて周囲との穏やかな時間が持てるようにする。...

新生児に血を飲ませた? 妻の逮捕に夫は反論「不妊治療までして授かった子ども」

精神科医の片田珠美氏が言う。 「今回の容疑者には、代理ミュンヒハウゼン症候群の疑いがあります。これは親が自分の子どもを病気と偽って周囲の

「児童虐待」の裏側に潜む母親の深刻な精神疾患

子どもを病気にして献身的に看病し、周囲の注目を集めようとする――。「代理ミュンヒハウゼン症候群」という精神疾患が疑われる児童虐待の事件が

心の安定のために子を病気に 代理ミュンヒハウゼン症候群

... 症候群とは、子どもにわざと病気を作り、熱心に面倒を見ることによって周囲から関心を集めようとする精神疾患で、子どもに対する虐待の一種。

小島慶子さんが戸惑う「どこからどこまでが発達障害の症状なの?」

... 周囲の理解や適切なケアを受けられずに成長すると、さまざまな生きづらさを抱え、精神疾患などの二次障害につながりやすいと言われています。

Copyright© 精神疾患 | KURAGE online , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.