精神疾患 | KURAGE online

精神疾患 | KURAGE online

「 妻 」 の情報 

シリーズ・生きとし生けるものたちと 今井友樹監督 人間は「わからない世界」を持っている(前半)

妻が統合失調症のとき、近くに有名な病院があったのですが、病院に行くこと自体、彼女は嫌がっていました。精神科は怖いというイメージが、患者と

治療方針巡って上級医間で板挟み、精神不安定に Vol.4

精神科医の先輩に相談し、産業医面談や業務の改善を行ってもらうよう指導された。上司ともよく相談し、今は立ち直っている。また、妻の支えも

周りは「別れちゃえば」、医療現場も認識不足… 精神疾患の家族サポートが届かぬ理由

配偶者が精神疾患になった妻や夫。親が精神疾患を発症している子どもたち。家族はどんな状況におかれているのか? 現状、なぜ支援が足りないのか

「配偶者はケアラーではなく、支援を必要とする人とみなす視点に目を開かれた。」『心病む夫と ...

統合失調症、双極性障害、うつ病… 妻がどのような困難にぶつかり、どう乗り越えてきたのか、そして、どのように変わったのか。

コロナ禍の不安でスイッチが…「夫の精神疾患」が増加中

不安やストレスを抱えた夫や妻が“ある日突然”、統合失調症や双極性障害、そしてうつ病といった精神疾患を発症するケースが増えているという。

浜松5人死傷事故 夫を再び「不起訴」

この夫について地検浜松支部は10日付けで、嫌疑不十分として再び不起訴処分とした。不起訴の理由については「精神疾患の妻が事故を起こすことを

妻を殺害した夫に猶予刑 強く依頼されており「同情の余地がある」

神戸地裁は判決で「妻の頼みに応じたのは短絡的だが、妻は身体的な病気を抱えて介護を受け、精神疾患もあった。被告の18歳の年下(事件当時)

伊丹嘱託殺人 地裁、夫に猶予判決 「同情の余地ある」 /兵庫

武田被告は、重い精神疾患がある妻を、2週間に1度の訪問看護を受けながら介護。妻は1998年ごろから「死にたい」と口にし、「殺して

『心病む夫と生きていく方法』 蔭山正子著

精神疾患のある夫を支える妻にスポットを当て、どう悩み、苦しみ、乗り越えてきたのか、当事者の生の声から、必要な支援を考えていく。 第1章

1時間にわたり冊子の作り方指導 女性教諭にパワハラの校長を処分

主幹教諭はその後、精神疾患と認定され、約3カ月間の病気休暇を取ったという。 また県教委は同日、帰宅時間を巡って口論となった妻(27)を

Copyright© 精神疾患 | KURAGE online , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.