KURAGE online | 精神疾患 の情報

KURAGE online | 精神疾患 の情報

「 子ども 」 の情報 

『思春期に心が折れた時 親がすべきこと』 関谷秀子著

精神疾患は「治りにくい」、もしくは「治らない」ものがほとんど。 ... 本書の筆者は、精神科医として数えきれないほどの子どもの心に向き合ってき

乳児に血を飲ませた母親逮捕で"誤解"広がる 「代理ミュンヒハウゼン症候群」とは何か?

専門家によると、MSBPは、子どもを故意に病気の状態にするという児童虐待の特殊型だ。しかし、加害者である母親の精神疾患の名称であるかのよう

「7人に1人」グレーゾーンの人が苦しい根本原因

しかし、著者で児童精神科医の宮口幸治氏は、近著『不器用な子どもが ... つまりIQ70~84ほどの、かつては「境界線精神遅滞(知的障害)」と認定され ... 性協調運動症(developmental coordination disorder)という疾患が関係し...

新生児に血を飲ませた? 妻の逮捕に夫は反論「不妊治療までして授かった子ども」

精神科医の片田珠美氏が言う。 「今回の容疑者には、代理ミュンヒハウゼン症候群の疑いがあります。これは親が自分の子どもを病気と偽って周囲の

「児童虐待」の裏側に潜む母親の深刻な精神疾患

子どもを病気にして献身的に看病し、周囲の注目を集めようとする――。「代理ミュンヒハウゼン症候群」という精神疾患が疑われる児童虐待の事件が

児童思春期病棟を福島県内初の整備 郡山・あさかホスピタル 来年1月稼働

郡山市安積町で精神疾患などを診療する「あさかホスピタル」に、自傷行為や適応障害などで心の治療が必要な子どもが入院する「児童思春期病棟」

『悲しいけど、青空の日』 シュリン・ホーマイヤー文・絵

... についてわかりやすく伝えるとともに、アドバイスや相談先などの情報も。精神疾患を持つ親のことで悩む子どもに届いてほしい。田野中恭子訳。

心の安定のために子を病気に 代理ミュンヒハウゼン症候群

... 症候群とは、子どもにわざと病気を作り、熱心に面倒を見ることによって周囲から関心を集めようとする精神疾患で、子どもに対する虐待の一種。

増える子どもの「心の病」 姫路の病院に児童思春期病棟

兵庫県姫路市の高岡病院(精神科)に、子どもの精神疾患に対応する「児童思春期病棟(30床)」ができた。子どもの「心の病」は増加傾向だが、

介護担う子どもを「見ていてつらい」…支援に悩む介護 立ちはだかる縦割りの弊害

子どもがケアをしている理由(同)は「親の病気や入院、障害、精神疾患」が最多の76で、「親が仕事で家族のケアに十分に携われない」67、「

Copyright© KURAGE online | 精神疾患 の情報 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.