精神疾患 | KURAGE online

精神疾患 | KURAGE online

「 子ども 」 の情報 

“旧優生保護法”訴訟15日判決

そして、19歳のころ、自宅に帰ると警察官に手錠をかけられて精神科病院に連行され、入院中に不妊手術を強制されたということです。 ... 当時は親の障害や疾患がそのまま子どもに遺伝すると考えられていたことが背景にあり、...

「どうしちゃったんだろう、この人?」配偶者が精神疾患に…家族の知られざる困難

これまで、統合失調症の親と暮らした子どもや、子どもが発症した親を取材したことはあったのですが、配偶者もこれほど厳しい状況にあるとは。この

子どもの個性生かす場を NPO法人 ドリーム・フィールド代表 大山浩司さん(60) /静岡

不登校を契機に精神疾患になったり、知的障害が原因で学校の授業についていけなかったり……。特別支援学校を不登校になった子どもも通ってくる

小島慶子「安心して働き続けられるような職場作りを」 仕事と治療の両立支援イベントで

セミナーに登壇した小島慶子さんは、「2目の子どもを産んだ後、33歳で不安障害という精神疾患になった。会社にも相談して治療しながら仕事に

教訓はどこに/4 遺児の未来、どう支える

父親が経済的に困窮し、精神疾患を抱えたり、飲酒や児童虐待に走ったり、子どもを児童相談所に預けて失踪したりするケースをこの10年、指を

コロナ禍で女性が……=小国綾子

今は精神疾患を抱え、幼い子ども2を一で育てている。子どもの父親から生活費をもらい、治療を理由に子どもを保育園に通園させながら、

最後のとりで「児相」の仕事に密着した 子どもの成長に最良の選択を

子どもに適切に向き合えない親自身も精神疾患などつらさを抱えていることも多く、話を聞くうちに何とか親子で過ごせないかという思いになること

ヤングケアラー「介護を担うこどもたち」

また、「親が家事をしない状況のため」「親の病気・障がい・精神疾患や入院のため」という回答も多く、複雑な家庭環境に置かれている子どもが

『思春期に心が折れた時 親がすべきこと』 関谷秀子著

精神疾患は「治りにくい」、もしくは「治らない」ものがほとんど。 ... 本書の筆者は、精神科医として数えきれないほどの子どもの心に向き合ってき

乳児に血を飲ませた母親逮捕で"誤解"広がる 「代理ミュンヒハウゼン症候群」とは何か?

専門家によると、MSBPは、子どもを故意に病気の状態にするという児童虐待の特殊型だ。しかし、加害者である母親の精神疾患の名称であるかのよう

Copyright© 精神疾患 | KURAGE online , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.