精神疾患 | KURAGE online

精神疾患 | KURAGE online

「 家族 」 の情報 

ひきこもり支援室から16人就職 「社会の問題」神戸市開設1年

分室を合わせて精神保健福祉士、社会福祉士、公認心理師ら計7の相談員が当事者や家族の ... 半数は就労経験があり、4割程度に精神疾患があった。

東京女子医大、自閉スペクトラム発症を制御する抑制回路の仕組みを解明

... 同宮田麻理子 教授、東京都医学総合研究所 精神行動医学研究分野 夏堀晃世 主席研究員、東京大学 大学院薬学系研究科 ... まだまだ希少疾患ゆえに情報が少ないことを受けて、家族や医療関係者の間での情報交換や治療、研究への...

孤立するヤングケアラー 我慢ばかりしないで あなたは大切な存在

坂本さんは「精神疾患がある本( ほんにん) に比( くら) べ、子どもや家族への支援はないがしろにされてきた」と強調( きょうちょう) します。

不調告白「一流プロほど困難」 専門家、「後出し」批判戒め―大坂なおみ選手棄権

精神疾患の当事者や家族でつくる「全国精神保健福祉会連合会」の小幡恭弘事務局長も「うつ症状に対する偏見は強く、周囲に言わないは多い」と

家族に障害がある人がいると負担になる?きょうだい児の結婚問題から考えること

過去の歴史の中では精神疾患があったり、障害のある子どもを家の中に閉じ込めて、世間の目から隠す家族もいました。でも、今は随分と時代が

ヤングケアラーの救済

精神疾患の親を持つ子どもの会「ふくろうの会」の世話をする中で、ピアサポートの効果を実感してきた。家族や友に言えない愚痴や弱音、「

ヤングケアラー、中学生の17人に1人…低い自覚や認知度

世話をしている家族は「きょうだい」が最多。きょうだいの状況は「幼い」がもっとも多く、「知的障害」「身体障害」「精神疾患・依存症(疑い含む

ヤングケアラー 中2の5.7%、家族ケア 高2は4.1% 4割ほぼ毎日 政府初調査

慢性的な病気、障害、精神的な問題などを抱える祖父母、両親、きょうだいなど、身近な家族の介護・世話(ケア)をしている子ども。負担が過度に

精神障害者の自立目指す場支えて

今回の取り組みの背景には、精神疾患のあるの社会復帰を支える環境の乏しさがある。グループホームは慢性的に不足。家族だけが抱え込むことで

自殺未遂の患者がやって来たときのTips

具体的には(1)精神科の通院状況、(2)見守る家族の存在、(3)過去の自殺企図歴──などを確認します。聴取の際、死についての話題は避けがち

Copyright© 精神疾患 | KURAGE online , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.