精神疾患 | KURAGE online

精神疾患 | KURAGE online

「 日本 」 の情報 

コロナに非協力的な医療関係者は確かにいるが、「医療崩壊」の責任者は彼らではない

考えられる理由は3つで、1つは診療報酬の問題、2つ目は介護制度との兼ね合い、3つ目は精神疾患の問題である。 □病院が介護を肩代わり? 日本の診療報酬には

「誰も言及しない真実」美しい子供は、人に好かれ、優秀だと見なされ、実際に頭もいい

日本ではいまだに、自閉症のような発達障害や統合失調症などの精神疾患の子どもに対して、「やっぱり子育てに問題があるんじゃないのか」との

首を絞められても結婚を決意。人格障害の妻との日々を、夫は涙で語った

【ぼくたちの離婚 Vol.21 いつか南の島で #2】 日本における「五大疾病」をご存じだろうか。がん、脳卒中、急性心筋梗塞、糖尿病、そして精神疾患

睡眠不足は万病のもと!肥満や生活習慣病、 がんの発症リスクを高める【睡眠の話】

心筋梗塞や脳血管疾患、がんの発症リスクも高まります。 そのほかに、うつ病など精神疾患のリスクを高めることもわかっています。また、日本では

摂食障害患者への違法な身体拘束認定 病院に賠償命令 東京地裁

日本の病院は海外に比べて精神疾患などの患者が頻繁に身体拘束されているとの調査があり、専門家は「精神的なトラウマになる。抑制的であるべき

精神障害者私宅監置を映画に

日本の近代精神病学の創始者と呼ばれる精神科医の呉秀三が実態調査を行い、非道的な扱いについて著書の中で「我が邦(くに)十何万の精神病者は

「緊急事態宣言しか打ち手がない」日本の医学界が抱える4つの問題点

精神科医の和田秀樹氏は「日本のコロナ対策には、日本の医学界の抱える4つの問題点が現れている」という――。 渋谷マルイに掲げられた臨時休業の

日本発の思考法「マンガ思考(R)︎」で世界の生きづらさを解消

それにも関わらず、質の高いメンタルヘルスサービスを受けることができる々は限られています(※1)。 日本でも、精神疾患により医療機関にかかって

歴史の闇「私宅監置」に迫る:映画『夜明け前のうた ~消された沖縄の障害者~』

日本に生まれ精神を病む二重の不幸. かつて日本では、家族の中に精神疾患を発症したが現れると、自宅の敷地内に部屋を設け、閉じ込める

特別寄稿=孤独問題担当相を設置すべきか?=コロナ禍で増加する麻薬や自殺=パラグァイ在住 ...

2018年に英国の専門家らが、増加の波に備えて、鬱病及び精神疾患の対策の為に「孤独・孤立担当省」を創設した例を、日本は踏襲したもので

Copyright© 精神疾患 | KURAGE online , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.