精神疾患 | KURAGE online

精神疾患 | KURAGE online

「 発達障害 」 の情報 

スマホ依存で「発達障害」に…本当に怖い“合併症”

特に問題となる“合併症”について精神科医・中山秀紀氏の『スマホ依存から脳を守る』(朝日新書)からお届けする。 * * * □発達障害を合併して

医者のはなしがよくわかる“診察室のツボ”<感覚過敏>「専門診療科で異常なしなら心療内科の受診 ...

アメリカ精神医学会の診断基準「DSM-5」(精神疾患の診断・統計マニュアル)では、発達障害「自閉症スペクトラム」のひとつとして、感覚過敏の

塾生が発信する”メンタルヘルスのこと”

精神疾患や発達障害を抱えるが直面している現状を変えたい」. こう語るのは、NeBA(Never Be Alone)プロジェクトの山西櫻子さん(環1)と

「発達障害?私が…ですか?」2児ママが医師に言われた衝撃的なひと言

... 思いもよらず、心理テストの結果が出るまではモヤモヤでいっぱいでしたが、発達障害やそのほかの精神疾患などについての勉強にもなりました。

在宅勤務でリラックス 県内障害者支援事業所が導入、利用者に好評

ミライ=福井市木田三)では、発達障害や精神疾患のある十二が勤務。三月から在宅勤務を取り入れ、現在五が活用。会員制サイトや

【限界徹夜の体験談】小学生時代から夏休みシーズンは1カ月間寝ないことも→発達障害かと思っ ...

自分でも10年以上謎だったのですが、去年、発達障害の検査を受けるために精神科に行き、思い当たる症状として「夏になると夜眠れない」と話したら

"片付けドクター"がゴミ屋敷にメス!社会問題化する「絶望的に片付けられない悩み」を根本解決。

片付けられない悩み」を持つ方々は「躾(しつけ)」「やる気」に問題があると考えられることも多いですが、発達障害や精神疾患が根本的な原因である

幼少期のアトピー性皮膚炎が思春期の精神疾患誘導 国立精神・神経医療研究センターが研究成果公表

こうした他のアレルギー性疾患に罹患するリスクだけでなく、精神疾患や発達障害の罹患リスクが高まることが疫学的に報告されているが、詳細な

幼少期のアトピー性皮膚炎が、思春期のうつ様症状誘導の原因となる可能性-NCNP

精神疾患や発達障害の罹患リスクとなるアトピー性皮膚炎、因果関係は不明. 国立精神・神経医療研究センター(NCNP)は10月10日、幼少期の

発達障害の子どもたちにいじめについて尋ねることを強く薦める

発達障害の青年が精神疾患もかかえることが多いのは、生物学的な脆弱性が根底にあること、あるいは典型的な発達をしている仲間よりも多くの

Copyright© 精神疾患 | KURAGE online , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.