精神疾患 | KURAGE online

精神疾患 | KURAGE online

「 精神科 」 の情報 

身体的健康は世界1位、心理的な健康は37位、その原因とは?

そして重症化している精神疾患に対して、小児あるいは青年の精神疾患を見てくれる精神科の先生が極めて少ないというのも、大変大きな問題です。

「ミス増えた部下」真の理由を見過ごした課長の反省

こうした状況からは精神疾患が疑われるため、私はBさんに精神科の受診を勧めました。Bさんは当初、受診を嫌がりましたが「今の状況について、

「紙おむつ」の呼び方を変えませんか?

当時は、女性看護師は「看護婦」、男性看護師は「看護士」と呼ばれていた時代でしたが、精神科や手術室などの限られたセクション ... また、2004年には、厚生労働省の検討会が、「痴呆」と呼ばれていた疾患概念を「認知症」へ...

自殺未遂の患者がやって来たときのTips

具体的には(1)精神科の通院状況、(2)見守る家族の存在、(3)過去の自殺企図歴──などを確認します。聴取の際、死についての話題は避けがち

国府津病院 認知症治療の新病棟「あやめ」が完成 訪問看護ステーション「りんどう」も開設 小学校3 ...

同院は、1929年の設立当時から神奈川県西部における精神科の地域医療に携わり、統合失調症、うつ病などの精神疾患のほか、認知症にも対応

14歳の少女が精神病院で体験した「極限の地獄」

14歳のときに精神科に入院し、77日間にわたり身体拘束されたAさん。いまもフラッシュバックに苦しむ(記者撮影). 精神疾患により医療機関に

新型コロナ 長野で院内感染 患者・職員59人、2人死亡 /長野

鶴賀病院は精神科の病院で、疾患によっては感染対策が難しい上、マスクを着用していないケースもあったことから、飛沫(ひまつ)感染の拡大を

息子よ、一緒にいたかった 看護師、患者に寄り添い前へ/妹との思い出、忘れない

それが転機となって2年前、精神科と心療内科を持つ病院で看護師として働き始めた。自傷行為や引きこもりに苦しむ若い患者も多い。「私も震災でね

がれきの中、亡き息子に「ごめんね」 母は今、心に寄り添う看護師

それが転機となって2年前、精神科と心療内科を持つ病院で看護師として働き始めた。自傷行為や引きこもりに苦しむ若い患者も多い。「私も震災でね…

【熊本】「ビールはノーカン」の土地柄だから…5年プロジェクトで肝がん撲滅!‐田中靖人・熊本 ...

熊本大学病院の肝疾患センターでは「熊本肝炎・脂肪肝プロジェクト」と銘打っ ... 精神科だけでなく他科とも連携して対応すべき問題だと思います。

Copyright© 精神疾患 | KURAGE online , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.