精神疾患 | KURAGE online

精神疾患 | KURAGE online

「 統合失調症 」 の情報 

[レビュー]家族という名の基礎疾患

精神科医が読み解いた、病院・治療監護所で会った患者の心 統合失調症・パニック障害・うつ病…症状は違ってもその礎に家族の存在 『病名は家族』

シリーズ・生きとし生けるものたちと 今井友樹監督 人間は「わからない世界」を持っている(前半)

妻が統合失調症のとき、近くに有名な病院があったのですが、病院に行くこと自体、彼女は嫌がっていました。精神科は怖いというイメージが、患者と

新型コロナで年齢の次にリスク因子となるのは「統合失調症」

これまでの研究で統合失調症の患者は精神障害を患わないに比べて20年も平均寿命が短いといわれており、その死因には肺炎・ウイルス性疾患が

死者の声を聞くことができる人の特徴を科学で解明(英研究)

この発見により、統合失調症のような精神疾患に伴う不可解な幻聴について、より理解することができるようになるかもしれない。 【霊の声が聞こえる

大好きだった“友人のせい”で覚せい剤をまた始めてしまった男 一度使えば完治することは絶対に ...

彼は統合失調症など、複数の精神疾患を抱えています。それらは府中刑務所内で受刑者からのイジメを受けてから発症しました。東日本大震災の時に

「死者の声が聞こえる」という人にみられる特徴とは?

一連の発見は、統合失調症などに伴う幻覚や幻聴について理解するのに役立つと研究チームは考えています。ノーサンブリア大学の上級研究員である

心理カウンセラー×マッチングアプリ、コロナ禍に新しい心理医療。

加えて、うつ病や統合失調症をはじめとする精神疾患は、全国で約400万もの々が抱えている病で、大きな社会問題と言っても過言ではないのでは

【最新】父親の加齢は子どもにこう影響する

また、父親の加齢が次世代の健康状態に与える影響は、ASDだけにとどまらず、統合失調症や精神遅滞、さらに低体重にも関わる。出生時の低体重は、

都道府県ランキング…最も「認知症患者」が多い県はどこだ?

その認知欠損は、せん妄の状況でのみ起こるものではない。 D. その認知欠損は、他の精神疾患によってうまく説明されない(例:うつ病、統合失調症

「どうしちゃったんだろう、この人?」配偶者が精神疾患に…家族の知られざる困難

これまで、統合失調症の親と暮らした子どもや、子どもが発症した親を取材したことはあったのですが、配偶者もこれほど厳しい状況にあるとは。この

Copyright© 精神疾患 | KURAGE online , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.