精神疾患 | KURAGE online

精神疾患 | KURAGE online

「 親 」 の情報 

精神疾患の親を持つ子供たち」 教師は支援のキーパーソン

知れず困難を抱え込みやすい、精神疾患の親を持つ子供たち。大たちの偏見を恐れ、周囲に相談しない子供が多いが、それでも誰かに話を聞いて

精神疾患ある親の子は8~9割が学校に悩み相談せず…支援困難の実態くっきり

調査は横山教授や大阪大大学院の蔭山正子准教授らが2019年10~11月、ウェブアンケートで実施。2が立ち上げに関わった「精神疾患の親を

自閉症の子の親の2/3が精神疾患相当。ニュージーランドの調査

新しい研究によれば、自閉症スペクトラム障害の子どもを持つニュージーランドの親の多くが「疾患レベルの精神医学的苦痛」に苦しんでいます。

「小中学校で精神疾患を教えて」 高校では22年度から指導要領に復活

若い世代が多く発症する精神疾患は、自殺や不登校の一因にもなるとされる。教育現場で約40年教えられなかったために子ども自身や親、学校も

「働く上でなんの意味もない」と就活で否定する企業も……家族を介護する“ヤングケアラー”の孤独 ...

高齢者介護に限らず、精神疾患や難病を患った親のケアに携わる子どもも少なくない。 『ヤングケアラー わたしの語り――子どもや若者が経験した

解説 親が精神疾患の児童・生徒

忘れ物、遅刻などが発見のサイン 精神疾患の親の下で育った経験のあるが教員の対応をどう感じていたか、調べた結果が公表された。嫌な思いを

2月9日の関連記事スクラップ/司法試験・予備試験が過去最高、旭川医大学長・報酬一部返金

親が精神疾患 ヤングケアラー 「悩み相談できず」 小学生時代9割(20面・3段). 高校生の就活、来春は例年通りの日程(20面・1段).

親が精神疾患「しんどい時に助けを求められる場所に」 南山大生が支援団体設立

精神疾患がある親の子どもが悩みや体験を語り合える機会をつくろうと、南山大一年のかなさん(19)が、支援団体「CoCoTELI(

精神疾患の親をもつ子どもの体験と学校での相談状況、大阪大学などが調査結果発表

大阪大学大学院の蔭山正子准教授、埼玉県立大学の横山恵子教授、精神疾患の親をもつ子どもの会(こどもぴあ)メンバーによる研究グループが、「

『児童養護施設』を出たら生きていけない! 親族に頼れず貧困・孤立化する若者たち

そんな状況にあっても、実家に頼ることができずにいるのが、虐待や親の精神疾患、経済的理由など、さまざまな事情で保護者のもとで暮らせ

Copyright© 精神疾患 | KURAGE online , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.