【速報】精神疾患 情報局 | 最新情報 口コミ情報

精神疾患 情報局では、「精神疾患」のキーワードに関する情報をキャッチし、キーワードをタグ付け整理し、アーカイブします。

*

「 子ども 」 一覧

no image

自然や公園の多い場所に住んでいる人は睡眠不足になりにくいという研究結果

多くの人々は緑地が精神や健康にいい影響を与えることを知っていますが、 … 緑の少ない場所で育った子どもは精神疾患のリスクが55%も高い – GIGAZINE

no image

自然とのつながりを感じられる子どもは「子ども自身が幸せなだけでなく他人にも優しい」ことが判明

  2020/03/20    未分類 , , , , , , ,

これまでの研究により、「緑の少ない場所で育った子どもは精神疾患のリスクが55%も高い」ということが分かっており、子どもの健全な発達には自然が必要だと …

no image

新型コロナで明らかになった「日本の危機管理は参考にできる」=中国報道

さらに、「特定の難病や精神疾患などの慢性病を患う患者」のほか、高齢者や障がい者、妊婦や子どもが、緊急事態においても医療支援や必要な物資が得られる …

no image

“普通の幸せ”は努力で手に入る、という偏見。崩壊家庭で育った私が思うこと

  2020/03/15    未分類 , , , , , ,

精神疾患を抱えていた母は子どもの泣き声に非常に敏感で、おまけに一人で子育てをしていたため、誰にも助けを求められず、日に日にストレスを抱え込んで …

no image

1日10分ほど自然の中で過ごすだけで精神状態が改善される可能性があるとの研究結果

ストレスに関する研究が進む中、「自然と触れ合うことが精神問題の解消に … 緑の少ない場所で育った子どもは精神疾患のリスクが55%も高い – GIGAZINE

no image

スマホはアルコールや覚せい剤と同じ「依存物」だ

ギャンブル依存症などと同じ精神疾患に分類されたことを冒頭に書いている。大人も子どももかかりうる病気であるとして、前半3章を覚せい剤やアルコールなど …

no image

『子どもたちをよろしく』といじめ・教育・文科省 前川喜平×寺脇 研

中学生の時にレイプされ10代で結婚して、21歳か22歳なのに子どもが二人いるとか、あるいは母子家庭で母親が精神疾患を抱えていて、その入院費を自分が …

no image

食事や生活習慣の改善、病気に対する知恵と対応力さえあれば健康は維持できる!?

デンマークで今年初めに発表された100万人以上のデータ調査では、幼少期に抗生物質を飲むと、のちに精神疾患に陥りやすいことがわかった。 たやすく子どもに …

no image

教員の過労死根絶を

吉良氏は、毎年5千人を超える教員が精神疾患で休職に追い込まれている学校現場の異常な長時間労働の是正に力を入れたいと発言。「本来、子どもの成長と …

no image

受験勉強・人間関係…子どものストレスを軽減するためのコミュニケーション法

児童期、思春期にうつ病や不安障害などの精神疾患にかかる子どもは、大人と同じように多いのです。しかし、医療機関にかかっていない割合は7割を超えると …

no image

「孤立させずに支えて」大分県自殺対策講演会

夏苅さんは子どもの頃、母(故人)が精神疾患を発症し、自身も自殺未遂をするほど苦しんだ。回復の力になったのは「自分を認めてくれる人との出会い」と振り返っ …

no image

それでも、「このお母さんの子どもにうまれてよかった」!

登場しているのはいずれも「精神疾患の親をもつ子どもの会(こどもぴあ)」のメンバー。20代の若い人たちが中心になって2018年2月に東京で発足した。その後、 …

no image

【高知】発達障害の子どもたちを取り巻く高知県の医療事情‐高橋秀俊・高知大学医学部附属病院特任教授 …

同時期に、高知医療センター「こころのサポートセンター 児童精神科病床」も開設されています。 … 先ほど言ったような理由で、現代は心の疾患を抱える子どもが増加傾向にあり、国の指導のもと、各都道府県は子どもの心のケアをサポートする体制の ……

no image

【社説】中高年引きこもり 親の悩みに息長い支援を

  2019/12/16    未分類 , , , , , , ,

子どもの引きこもり問題は、日常生活に埋もれるように時間が過ぎ、状況が変わらぬまま長期化する。だからこそ、親が悩みを打ち明ければ、機を逸することなく …

no image

子どもへの性被害生む児童ポルノという引き金

… ではない』で、子どもへの継続的な性的関心とその行動化は、精神疾患の1つ“小児性愛障害”と見なされること、それこそが再犯率が高い理由の1つであることを …

no image

親子のSOS寄り添う 社会で考える必要訴え

浪速区のある保育園に通う親の中には、貧困や孤立、子どもの発達上の特性のほか、親自身の被虐待歴や精神疾患などの理由で子育てに困難を抱えたり、自信 …

no image

絶えぬ緊張、児相疲弊 攻撃的保護者に苦慮

難しい保護者対応、子どもの命のために時間外も続く緊張感――。全国の児童相談所に勤める児童福祉司の50人に1人が精神疾患を理由に休暇・休職に …

no image

子に「会いたくない」と言われたら?離婚にまつわる親権の話

  2019/11/26    未分類 , , , , ,

もちろん、重度の精神疾患などがあって子どもを十分に養育することが難しかったり、あるいは子どもに暴力をふるっていて児童相談所の介入も受けているなどの …

no image

教育のあり方を考える「いわて教育の日」のつどい/岩手・盛岡市

続いて教育研究家の妹尾昌俊さんが講演し、「『子どものために』という意識は、教師が長時間労働に陥りやすく、過労死や精神疾患が相次いでいる」と訴えました …

no image

女かよ!と笑われ…人前で食べられない「会食恐怖症」の20代男性、症状を克服するまで

精神科や心療内科での治療対象となる精神疾患で、子どもの頃から長年悩んでいる人が多いのも特徴です。筆者もかつて、この病気になり、同様の悩みを持つ人 …