【速報】精神疾患 情報局 | 最新情報 口コミ情報

精神疾患 情報局では、「精神疾患」のキーワードに関する情報をキャッチし、キーワードをタグ付け整理し、アーカイブします。

*

「 精神科医 」 一覧

no image

「太ってしまう薬」とは。薬の副作用を避ける方法を医師が解説

薬剤、特に精神科の薬剤は、処方した精神科医への相談もなく止めるべきではありません」と、ワイル … アガーワル医師によると、「この種の薬剤は、皮膚疾患から血液疾患、関節炎に処方されますが、治療をできるだけ短時間にとどめることが大切。…

no image

「透析選択せず」で保存的腎臓療法を提示、3つのケースを確認

岡田氏は、「提言(案)では、家族と医療チームで話し合い、合意を得るとなっている」と述べ、何らの精神疾患が疑われる場合などには、精神科医と相談したり、 …

no image

冬に「うつ」っぽくなるのはなぜ? 不安や疲労感から抜け出すヒント

精神科医のバイブルとされるDSM(精神疾患の分類と診断の手引き)の最新版では、SADが大うつ病性障害のひとつに分類されています。 うつに苦しむ人の中に …

no image

ビールを「サポートアニマル」に登録した強者が現る

エモーショナル・サポート・アニマルは「飼い主の精神的な疾患などを緩和してくれる」と精神科医に認定を受けた動物を指します。障害者を補助する補助犬などの …

no image

職場の「潰し屋」に対抗! 産業医が伝授する「パワハラ上司」に打ち勝つ術とは……

著者の井上智介さんは、企業で産業医を務める精神科医。島根大学医学部を … うつ病、発達障害などを中心として精神疾患全般に対応している。 産業医として …

no image

冬だけじゃない。季節性うつの原因・症状・対処法

精神科医のバイブルとされるDSM(精神疾患の分類と診断の手引き)の最新版では、SADが大うつ病性障害の1つに分類されています。 うつに苦しむ人の中に …

no image

現役精神科医の牧師が語る「うつからの脱出」 断食祈祷聖会(2)

第22回断食祈祷聖会が13~15日、東京・大久保の東京中央教会で開催され、初日に行われた講演3では、現役の精神科医で牧師の山中正雄氏が、「うつから …

no image

群馬・上州この人 窃盗症の患者をサポート 赤城高原ホスピタル院長、竹村道夫さん(74)

病的に万引を繰り返す嗜癖性疾患(しへきせいしっかん)「クレプトマニア(窃盗症)」。 … 患者たちは身近な存在で、「一緒によく遊んだ経験から精神科医を志した」。

no image

「自分自身を食い殺すリスク」を抱えた子どもたち

彼の息子が、治療不能の遺伝子疾患プラダー・ウィリー症候群を患っているのだ。 1956年に … ヘクターさんは、プラダー・ウィリー症候群の患者は、栄養士、精神科医、理学療法士など、この病気を理解した幅広い専門家に診てもらうべきだと話す。…

no image

【高知】発達障害の子どもたちに必要な支援は何か‐高橋秀俊・高知大学医学部附属病院特任教授に聞く …

不登校の子が多く、何らかの身体疾患を併発している割合も多いです。 … 高知県内には児童青年期専門の精神科医が少ないこともあり、児童青年期のこころの …