【速報】精神疾患 情報局 | 最新情報 口コミ情報

精神疾患 情報局では、「精神疾患」のキーワードに関する情報をキャッチし、キーワードをタグ付け整理し、アーカイブします。

*

「 行動 」 一覧

no image

歩きスマホの女性に体当たり…間違った「正義感」を振りかざす中年たち

この理由を精神科産業医の松崎一葉氏は、「人の意見を聞かず、他人を追い込む人間 … 行動をしてしまう精神疾患のパーソナリティ障害を疑ったほうがいいかもしれませんね。 … 精神科産業医として上場企業から中小企業まで、多くの組織で活躍。…

no image

父への傷害致死、女性に無罪判決 犯行時に「心神喪失」、横浜地裁

片山隆夫裁判長は、被告は精神疾患のため、父母が攻撃してくる者の仲間だという妄想の中で犯行に及んだと認定し、「妄想に支配されたやむを得ない行動」と …

no image

民家など7軒放火、被告の女に懲役8年判決 京都地裁

弁護側は、精神疾患や服用薬の影響で責任能力は限定的などと主張していたが、「動機はストレス発散などで、各犯行時の行動も合理的」として完全責任能力を …

no image

植松被告、手袋し出廷 裁判長「秩序乱せば退廷」と注意 相模原殺傷公判

弁護側は、被告が大麻を常用していた点を挙げ「大麻精神病あるいはその他の精神疾患が与えた影響で、善悪を判断する能力、あるいは行動をコントロールする …

no image

やまゆり園事件 検察側と弁護側の冒頭陳述〈要旨〉

急性的には酩酊(めいてい)するが、長期間使うと、幻覚妄想などの精神障害が出る。被告は事件当時、大麻精神病やその他の精神疾患で、善悪の判断や行動を …

no image

吹田交番襲撃の男…“鑑定留置”で『刑事責任能力はある』と判断 大阪地検が起訴へ

大阪地検は今年7月から5か月間にわたって飯森容疑者の鑑定留置を行っていましたが、精神疾患の影響はあるものの、犯行前後の行動などから“刑事責任能力 …

no image

交番襲撃で鑑定留置の男起訴へ

大阪地検は今年7月から5か月間にわたり飯森容疑者の鑑定留置を行った結果、精神疾患の影響はあるものの、犯行前後の行動などから刑事責任能力はあっ …

no image

【独自】交番襲撃の容疑者、統合失調症と診断…地検は起訴検討

地検は、精神疾患の影響はあったものの、事件前後の行動などから刑事責任能力があったと判断。強盗殺人未遂罪で起訴する方向で検討している。 府警による …

no image

交番襲撃事件…大阪地検が男を起訴へ 鑑定留置で“刑事責任能力はあった”と判断か

大阪地検は、今年7月から5か月間にわたって飯森容疑者の鑑定留置を行った結果、精神疾患の影響はあるものの、犯行前後の行動などから“刑事責任能力は …

no image

新しいセロトニン神経回路を新技術で発見、精神疾患の創薬標的となる可能性-慶大

感情や行動の調節を担う脳内モノアミン量の視覚化にマウスで成功. 慶應義塾大学は10月30日、質量分析イメージング技術を高精度化し、感情や行動の調節を …

no image

チュートリアル徳井、過去のツイートからADHDを疑われる?

ただ、精神疾患や発達障害の疑惑をいくら浮かべたところで、本人サイドが診察を受けるなどの行動をとらない限りは分からないでしょう。最後の判断は専門性の …

no image

【神経科学】マウスの記憶学習を変化させる微生物

これらの化合物は、先行研究で神経精神疾患との関連が指摘されている。総合すると、これらの知見は、マウスの行動とニューロンの活動に微生物相(と関連する …