精神疾患 | KURAGE online

精神疾患 | KURAGE online

「 理由 」 の情報 

うちの子が「心の病気」になるなんて… 精神科医が指摘する、早期受診を妨げている「偏見」とは?

精神疾患は早期発見をして適切な治療を受ければ十分回復が期待できるのに、さまざまな理由で受診が遅れてしまっているという。受診を妨げている

「心の健康」だけではダメ。学校教育に「精神疾患の予防と回復」が必要な理由

これまでも「心の健康」については教えられてきたが、さらに「精神疾患」を教えるべき理由や背景とは? 東海大学体育学部体育学科の森良一教授に

思春期の「心の病気」を減らせるか? 保健体育の教育の変革とは?〈dot.〉

思春期の精神疾患が増えていることが大きな理由だそうですね。 文部科学省が生徒指導施策推進の参考にするために毎年、小中高を対象に行っている「

「同性婚の不受理は違憲」歴史的と言われる判決のポイントは?同性婚をめぐる法整備への第一歩 ...

また、国の立法の不作為についても、原告の請求を認めませんでした。 理由として、 ①1947年の民法改正時には、「同性愛は精神疾患」という認識で

同性婚に政治の壁 札幌地裁「違憲」判決、社会は変化

札幌地裁は、高年齢層が同性婚に否定的な理由を「同性愛は精神疾患という誤った知見が一九八〇年ごろまで通用していたため」と言い切り、国会に

争点と主張は 違憲判断の背景は

判決はその理由について「同性愛は精神疾患ではなく、みずからの意思に基づいて選択・変更できない。同性カップルが婚姻による法的な利益を得

みんな違ってみんないい…自分たちが楽しめるセックスを

病気や感染症などを理由に、社会から差別や偏見の対象と扱われる「スティグマ」の問題。精神疾患やHIV感染などで知られています。

『児童養護施設』を出たら生きていけない! 親族に頼れず貧困・孤立化する若者たち

そんな状況にあっても、実家に頼ることができずにいるのが、虐待や親の精神疾患、経済的理由など、さまざまな事情で保護者のもとで暮らせ

旧優生保護法、違憲判断3例目 強制不妊で札幌地裁

旧法下では知的障害や精神疾患、遺伝性疾患などを理由に不妊手術や工妊娠中絶を認めていた。国の統計では不妊手術を受けたのは約2万5千

精神疾患で退職の教員、過去最多 文科省の18年度調査

文部科学省は26日までに、2018年度に精神疾患を理由に離職した公立小中高校の教員は過去最多の782だったとの調査結果を公表した。調べ始め

Copyright© 精神疾患 | KURAGE online , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.