精神疾患 | KURAGE online

精神疾患 | KURAGE online

「 2021年04月06日 」 の情報 

「辞表提出しろ」旭医大パワハラ訴訟 初弁論…准教授ら2人被害訴え 大学側 "争う姿勢"

訴状などによりますとこの裁判は、旭川医大のいずれも40代の准教授と助教の男性が上司らからパワハラを受けて精神疾患となり休職に追い込まれた

小中学校の教員不足、文科省が実態調査 全自治体を対象

文科省によると、昨年度の採用倍率は全国平均で小学校教員が2・7倍と過去最低で、中学校教員は5・0倍と前年度を下回った。長時間労働や精神疾患

旭川医大パワハラ訴訟初弁論 原告の准教授「被害者増やさないため事実を明らかに」 旭川地裁

2021/4/6  

は、精神疾患を発症し休職に追い込まれたのは、上司らを雇う大学の責任だとして、あわせて660万円の損害賠償を求めています。 6日の初弁論

「アウティング」で会社謝罪 再発防止を約束―東京

男性は女性から無視されるなどして体調を崩し、同年11月に精神疾患と診断されて休職し、その後退職した。 男性は20年10月、会社が謝罪して

パワハラ訴訟 旭川医大側が争う姿勢 旭川地裁初弁論

2021/4/6  

【旭川】旭川医科大(吉田晃敏学長)の上司らからパワーハラスメント(パワハラ)を受けて精神疾患となり、休職に追い込まれたとして、同大の准

DVと児童虐待、表裏一体 NPOが相談支援と体制整備訴える

2021/4/6  

同法は「DV被害者はDVを受けたことで、精神疾患を持ったが多い。適切な支援につなげるため、職員の育成は必要」と強調した。 調査結果を

「不安が癖になる」血にじむほど手洗い、ドア写真撮影…コロナ不安で強迫症リスク

... 精神医学)によると、ウイルスの目に見えないという特徴や、「うつす」「うつされる」という二つの不安があることが、精神疾患の発症・悪化を

「不安が癖になる」血にじむほど手洗い、ドア写真撮影...コロナ不安で強迫症リスク〔読売新聞〕

昨年4月~今年2月にかけ、強迫症などの新規患者が前年同期より1割以上増加しており、大阪精神科診療所協会理事でもある稲田泰之医師(53)

水頭症発症にTsukushi遺伝子が関与-九大ほか

2021/4/6  

特に、特発性正常圧水頭症は、歩行障害・精神疾患・尿失禁などの症状を呈し、高齢化社会を迎える日本における患者数増加が懸念されている。

Copyright© 精神疾患 | KURAGE online , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.